(C) jinzfoto.com

ベトナム旅行記 [Day 2-1 to My Son] ミーソン遺跡へ!

元々ノープランの旅だったのですが、結果的に本日の旅程はこんな感じ。

ScreenShot_2018-05-12 21.52.08

Gのダナン市内から出発して、左下周りでBのミーソン聖域へ。

さらにEのホイアンへ移動し、FのCocobayに宿泊しました。

 

この項ではミーソン聖域(Mỹ Sơn Sanctuary)を紹介します。

(ミーソン遺跡とずっと呼んでましたが、Google日本語が常にミーソン聖域を予測変換で出してくるので、以後ミーソン聖域と呼びます。)

 


 

まずは宿泊にセットとなっていた朝食で腹ごしらえ。

インスタント麺をただ炒めただけっぽいんだがうまい。ベトナム好きw

_DSC5973

 

これから苦楽を共にする愛車。

若干ガタが来始めてきているようなのですが、ちゃんと走って止まりましたw

_1740478

 

どうしても世界遺産であるミーソンに行きたかったので、まずはそれを目標にして出発です。

町を少し離れると途端にのどかな田園風景が広がります。電線が多い…

_1740488

 

こんな田舎でもすぐベトナムとわかりますw

_1740494

 

なんと運良く貨物列車の通り過ぎるタイミングに出会いました!

ベトナムの鉄道は頻繁には走っていないので、初っ端から幸運!

_DSC5986

 

牛とかも居ます。

_1740498

 

綺麗な景色だったので、GM5のパノラマで撮ってみました。

_1740520

_1740548

 

雨期の後だからでしょうか。工事が多いです。

_1740566

 

そんなこんなで2時間くらい走ったでしょうか。山の奥にミーソン聖域はあります。

 

番犬もお昼寝。

_1740577

 

入場にはチケットが必要です。確か500円くらい。高い。

たくさんの観光客。日本人の団体で来ている人達も居ました。

_1740578

 

記念撮影で盛り上がる中国の方達。

_1740581

入り口から内部へはキャリーカートのようなもので5分ほど山を登っていきます。

そこから更に山を登っていきます。

 

登っていく途中に見える最初の遺構。

このミーソン聖域はベトナム軍の秘密基地として使用されていたことがあり、米軍による空爆によって破壊された箇所が多々あります。

この遺構は見晴らしの良い、山の頂上付近にあったので、特に損傷が大きいようです。

_1740587

_DSC6034

_DSC6036

 

山の中腹部には小劇場があり、たまたま公演時間間際だったので、覗いていくことに。

_DSC6040

_1740623

_1740642

_DSC6088

_1740668

 

チャンパ王国時代の舞踊でしょうか。

カンボジアのアプサラやミャンマーの舞踊にも通ずるものがあり、既視感がすごくあります。

チャンパ王国は当時インドシナ半島に勢力があったようなので、それも頷けます。

 

そこから更に登っていくと遺跡群に到着します。

タイミングが悪いとこんなに混雑しますw

_1740702

_DSC6104

_1740708

 

 

水が綺麗なところです。

_DSC6110

_DSC6113

 

至る所に修復の跡が見られます。

_DSC6114

_DSC6115

_DSC6116

_1740714

_1740717

 

なんか珍しい野鳥を発見。カッコイイ顔立ちです。

_1740720

_DSC6118

_1740727

_DSC6124

_DSC6130

_1740731

_DSC6131

_DSC6132

_DSC6134

_DSC6138

_DSC6139

 

至る所に彫刻が施されています。

_DSC6142

_DSC6144

_DSC6148

_DSC6149

_DSC6150

_DSC6151

 

出土品を展示している区画です。

これはアリクイでしょうか。

_DSC6153

_DSC6154

 

首なくなってます…

_DSC6156

_DSC6157

_DSC6163

_DSC6167

_DSC6174

 

こんなキャラクターもいます。これもなんかの漫画で見たことあるようなw

_DSC6175

_DSC6178

_DSC6183

_DSC6186

_DSC6187

_DSC6190

_DSC6192

_DSC6194

_DSC6196

_DSC6201

 

お昼寝中にお邪魔しました(^_^;)

_1740760

 

ミーソン聖域内の資料館には、日本からの支援により建設された棟があるようで、入り口にこんな掲示がありました。

_1740761

 

そのため、この棟では大変珍しく日本語の翻訳もあります。

やはり母国語で読めるとより理解が深まりますね。

おかげでチャンパ王国について更に詳しくなりました。

_1740740

_1740763

_DSC6202

_DSC6205

 

ミーソンでは存分に古代チャンパ王国の歴史を体感することができました。

公共交通機関がないため、アクセスが不便なところですが、さすが世界遺産、一見の価値ありです。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。